2006年01月08日

Mabinogi Data07 イリア巨大ボスフィニッシュへの道(改訂版2nd)

イリア巨大ボスモンスターのフィニッシュへの道…改訂版α

実装からはや8ヶ月が経とうとしているイリア巨大ボス。
全く興味のない方もいらっしゃるでしょうが…このサイトに来てこの記事を見ているという事は、まぁなんだ、俺にはわかる!君は虎の目をしている!

…こんな台詞だっけ。まぁいいや、本題でw

さて、徐々に煮詰められた感もあるボスフィニッシュですが、最低限の準備をしなければ昨今の苛烈な競争には勝てません。
まず何をしたらいいのか、何を用意したらいいのか。
あくまで自分は、の話になる上に重複箇所が多々あります。が、ボス記事の再編集のために書き直して見ました。


まず、事前に用意するものとして

1.HP減少装備
2.短剣2丁+ショートボウ
3.アローリボルバー
4.サラブレッド一頭(古馬推奨)
5.PT羽、及びそれを使用するPTメンバー
6.ライフポット
7.希望


イフリートに関してはまた別途弓(ロングボウ系)が必要です。…が、現状は人間で高レンジランクのエルフに勝つのは至難の技です。
そこは追々イフリート編にて語らせて貰います。
それと、サンドワームに関してはPT羽は必要ありません。
サンドワームは、PT羽を使うほど競争が激しくない、というかPT羽を使っていると割に合いません。
なので、サンドワーム戦はなるべくペットを死なせない方向で行くのがいいでしょう。詳しくはサンドワーム編にて。

では、ここで一つずつ説明を。
1.HP減少装備
ボスが使う主なスキルは、一部を除き、インフラブラックでも耐えられるものではありません。
なので、必然的にHPを少なくして回復時間の削減、デッドリー率のアップに心血を注ぐことになります。
なぜHPが少ないほうが生き残れるのか、ということに関してはmabinogi wiki* ステータスのコメントフォームに詳しく載っています。

2.短剣2丁+ショートボウ
ボスフィニッシュ権は、「自分の与えた手数+ペットの手数」がより多いプレイヤーに行きます。
なので、必然的に攻撃回数のより多い短剣の二刀流と、これもまた後述しますが回転の速いショートボウを使うことで、より多くの手数を稼ぎ出す事が重要になります。

3.アローリボルバー
高回転のショートボウの真価を発揮させるためのスキルです。
これがなくても闘えなくはないですが、ないよりあったほうが、あるなら高ランクが(レンジアタックランクを含む)もっとも望ましいと思います。

4.サラブレッド一頭(古馬推奨)
足が速い、攻撃が普通のスピード3打、そして状況によりプレイヤーも共に高速で移動できるサラブレッドはボス戦には必須といえるでしょう。
古馬推奨なのは、ペットボーナスによるHP+を最低限に抑えるためです。

5.PT羽、及びそれを使用するPTメンバー
ボス戦では、共に闘うペットの死亡回数が少なくても十数度あります。その度に自分で蘇生していては、その間に稼げる手数が減ってしまいます。
ですので、馬の蘇生は他のPTメンバーに任せ、自分は回復とアタックに専念出来るような環境が必要です。
また、逆に自分が羽係になった時のために、PT羽を準備することも忘れない様にするとベターです。

6.ライフポット
言わずもがな、持っていないと話になりません(ベーコン魔人以外)。
出来れば100POTを常備しておいて下さい。

7.希望
すべてがうまくいったと思っても、HSの発動率やARの命中具合で取れないときもあります。逆に言えば、多少ミスっても取れてしまうときもあります。
最後まで頑張れば、いつかは取れる。そう信じることが大事…かもしれません。

編集中〜 他の記事も再編集する予定です。



posted by 王子師 at 23:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | マビノギ

↓誰か反応してくれると非常に喜びます。↓


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/37078197
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
全て表示
当サイトに掲載されている主な画像の著作権は株式会社ネクソンジャパンおよび韓国NEXON社に有ります。よって、当サイトの画像を無断で転載することはご遠慮ください。
mabinogi日本公式
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。